山形県よろず実践塾アンケート

第8回講座の内容

山形県よろず実践塾(よろず支援拠点コーディネーター 金子 信弘)

講座内容:現場改善・生産性向上

5S活用が町工場を企業に変える

講師プロフィール

よろず支援拠点コーディネーター 金子 信弘
山形県よろず支援拠点コーディネーター、山形大学国際事業化研究センターリエゾンアドバイザー。山形大学の研究シーズと特に地域企業との産学官金連携マッチングを数多く手がける。このほか、新商品開発や販路拡大、売上向上などにむけた広告宣伝手法を支援する。

 

開催風景

山形県よろず実践塾 第八回 5S活用が町工場を企業に変える

 

受講者の感想アンケート (回収率40%)

山形県よろず実践塾 第八回 5S活用が町工場を企業に変えるアンケート

<受講の理由>
未回答。

<受講の感想>
久々に5Sを復習して、とても良かった。
5Sに終わりはないと思った。

(男性:Y株式会社さん)

<受講の理由>
未回答。

<受講の感想>
仕組みを作ることにより、安全で快適な職場になるだけではなく、社内風土が向上しよりよい人材育成につながる。結果CS向上につながる。

(男性:S.N.さん)

<受講の理由>
企業しているが、さまざまな知識を共有したい。

<受講の感想>
参考になりました。ありがとうございました。

(男性:K.T.さん)

<受講の理由>
創業したいが、何をやったらいいか分からない。ヒントを得たい。

<受講の感想>
参考になった。

(男性:T.S.さん)

 

コーディネーターの感想

コーディネーター 小山恒二現場改善<山形県よろず実践塾 第八回講座>に、たくさんのご参加ありがとうございました。製造業をやられている方には、これまでのセミナーの中で一番実践的だったと大変好評なセミナーでした。参加人数こそ少なかったですが、実際の5S現場改善事例まで見て分かるので、かなり参考になったんじゃないでしょうか。「整理」「整頓」「清掃」が基本。それにプラスして、「清潔」「躾」まで事業では行わなければなりません。皆様、働きやすい環境づくりに頑張ってくださいね。
(担当:山形県よろず支援拠点コーディネーター 小山恒二)